山仁哲学堂 > 書評箋 > 中国思想・中国哲学 > 大学・中庸 新釈漢文大系〈2〉 赤塚 忠

大学・中庸 新釈漢文大系〈2〉   赤塚 忠   明治書院 (1967/05)

成分

原文1

古之欲明徳於天下者先治其國。欲其國者先齊其家。欲其家者先脩其身。欲其身者先正其心。欲其心者先誠其意。欲其意者先致其知。致知在物。

(中略)

天子以至於庶人、壹是皆以身爲

( 『大学』第一段第二節  四四頁)

訳1

 かつて、明徳を天下に明らかにしようとした者は、それに先だってその国を治めた。その国を治めようとした者は、それに先だってその家をまとめた。その家をまとめようとした者は、それに先だって自分自身を修めた。自分自身を修めようとした者は、それに先だってその心を正しくした。その心を正しくしようとした者は、それに先だって自分の意を誠実にした。自分の意を誠実にしようとした者は、それに先だって自分の知を極めた。知を極めることは、物事を正しく受け取ることにある。

(中略)

 天子から庶民に至るまで、誰もが皆自分自身を修めることを根本とする

評者独語1

 政治・経済が混乱している昨今、この文章は為政者達を批判する場合に用いられがちでしょう。無論、それはそれで的を射ているのですが、最も大事なのは「自天子以至於庶人」、すなわち誰もがこのような意識を持って我が身を修めることです。

 ちなみに、この文章は「平天下・治国・斉家・修身・正心・誠意・致知・格物」として「八条目」と呼ばれ、儒家思想の中で重要な位置を占めます。

効能

 責任ある立場にあるものが、まず何をなすべきかを教えてくれます。

購入ページのご案内

Amazon で『大学・中庸』を購入する。

この記事をブックマークする

関連記事

[山仁哲学堂]より
利をもって利となさず、義をもって利となす。    (09/02/23)
[山仁哲学堂 書評箋]より
大学・中庸 新釈漢文大系〈2〉    (09/02/14)

キーワードによる類書検索

大学,中庸,赤塚忠,新釈漢文大系,八条目,平天下,治国,斉家,修身,正心,誠意,致知,格物


Posted at 09/02/14 15:02 | Edit

前の記事を読む |   |  [中国思想・中国哲学]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > 書評箋 > 中国思想・中国哲学 > 大学・中庸 新釈漢文大系〈2〉 赤塚 忠

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/3031