山仁哲学堂 > 書評箋 > 心理 > ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」  鈴木 啓介

ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」  鈴木 啓介

成分

ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」

「あなた達は転生を通じてネガティブな感情にのみ執着をもとうとする。『幸福』だった記憶には執着など生まれないのだ」
「たとえ『幸福』を得ても、今度はそれを失う『恐怖』にさいなまれ、新たな執着をもつ。人間は『エゴ』をもつ限り自分で自分を苦しめてしまう存在なのだ」
「『エゴ』を自覚し、克服することによってあなた達は真の自分を取り戻すことができるのだ」

アメリカのモンロー研が開発した、音響操作によって様々な意識レベルを体感する技術「ヘミシンク」。坂本政道氏の『死後体験』シリーズによって日本にも広く知られるようになりましたが、本書はその技術によって驚愕の体験をした一個人の手記です。

冒頭の言葉は著者のハイアーセルフの言葉です。皆さんの心にはどのように響きますか。

効能

人の心の仕組み、瞑想、転生、家族の意味などに興味がある方に、それらを「体験」的に理解するための具体的な方法を示してくれます。

使用上の注意

ヘミシンクについての説明はそれほどなされずに、著者の驚くべき体験談が次々と展開されます。ヘミシンクについて基本的な知識がない方は、本書の前に坂本政道氏の『死後体験』シリーズの一読をお勧めします。

この記事をブックマークする

キーワードによる類書検索

ヘミシンク,前世,転生,鈴木,啓介,執着,坂本,政道,,,,


Posted at 07/07/13 17:07 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [心理]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > 書評箋 > 心理 > ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」  鈴木 啓介

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/3000