山仁哲学堂 > 書評箋 > 世界史 > 塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック  新潮社出版企画部

塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック  新潮社出版企画部

成分

塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック

塩野七生『ローマ人の物語』をもとに、写真やイラストを多用してローマ帝国の変遷を分かり易く辿っています。

単純に歴史のガイドブックとしても楽しめますが、むしろ塩野七生と編集者等との対談からうかがえる、塩野のローマ史観、執筆姿勢、人生観に興味をそそられます。

帝国隆盛の大きな要因として塩野が指摘する "ローマ人の「寛容」さ"。彼女曰く、「『寛容』」という言葉に、読んでくれた人たちが敏感に反応したのは、今の世界がだんだん『寛容』ではなくなってきてるからではないでしょうか。逆に、これまでのローマ史研究ではそれが注目されなかったのは、何で『寛容』が必要なんだろう?と痛切に感じる機会がなかったからではないかしら。」(290頁)

サイト運営者はつい先日イタリア旅行で現地の人たちのおおらかさにちょっとした感銘を受けてきたところなので、このあたりの記述に心を打たれるものがありました。

効能

「ローマ帝国の歴史なんてまったく知らない」という人にも、ローマ帝国の懐の深さが分かりやすく伝わります。その寛容さに安らぎを感じる人もいれば、奮い立つ人もいるでしょう。

使用上の注意

ローマ帝国の歴史にふれながら、塩野七海の凛とした風情を感じることも忘れないでください。

この記事をブックマークする

キーワードによる類書検索

ローマ人の物語,塩野七生,ガイドブック,帝国,歴史,寛容,


Posted at 07/07/19 18:07 | Edit

 |   |  [世界史]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > 書評箋 > 世界史 > 塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック  新潮社出版企画部

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/3001