山仁哲学堂 > 書評箋 > 小説・物語 > 青い鳥 重松 清

青い鳥   重松 清   新潮社 (2007/07)

成分

青い鳥

My teacher cannot speak well.
So when he speaks ,he says something important.

村内先生は国語の先生です。先生ですが、吃音でうまく喋ることができません。うまく喋れないので生徒達にバカにされることもあります。

でも、うまく喋れないけれども、本気で喋ります。

うまく喋れないから、先生が喋るのは本気のことだけです。








紹介したい部分はたくさんありますが、予備知識があると感動が薄れてしまうので、あまり詳しくはお話ししません。

とにかく是非、読んで下さい。

効能

「そばにいる」ということがどういうことなのか、シミジミと考えさせてくれ、泣かせてくれます。

使用上の注意

短編集なので一話完結ですが、各話の順番もこの本の重要な要素となっていますので、第1話から順番に読んでいきましょう。

購入ページのご案内

Amazon で『青い鳥』を購入する。
Dmmで『青い鳥』を購入する。

この記事をブックマークする

関連記事

[山仁哲学堂 書評箋]より
青い鳥    (08/11/17)

キーワードによる類書検索

青い鳥, 重松清, 吃音, 村内,先生


Posted at 08/11/17 11:11 | Edit

 |   |  [小説・物語]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > 書評箋 > 小説・物語 > 青い鳥 重松 清

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/3021